まったりサディスファクション

ただただ垂れ流しである

人生で初めての事

 

生まれて初めてやっとインフルエンザにかかった。

前日頭が少しクラクラする。これはきっと熱があるクラクラだなあと熱を測ってみたら案の定微熱。

とりあえず寝てれば治るだろうと寝ていたが、次の日も少しだけぼんやりするのと喉が痛む。熱はないのでまあ多少は残るわなあと思っていたのだが何だかんだ嫌な予感がしたので病院に行って「念のため検査しておきましょう」と。

結果はA型インフルエンザ。

 

診察が終わり待合室で待っていると看護婦さんに別室に連れていかれる。

ああこれは隔離かそう言う事だなあと椅子に座ってボンヤリしてると医師が来て「A型インフルエンザですね。5日は自宅にいてくださいね」とインフルエンザ通告を受けました。

 

初めて行った内科だったのだけれど先生がブラックジャックを彷彿とさせるぶっきらぼうさが気に入ったので、困った事があったらまたそこの病院にかかろうと思う。

ただインフルエンザの検査の鼻腔に綿棒を突っ込むのはもうしたくない。

幼い頃鼻炎持ちで耳鼻科で鼻腔に細い管を入れられた事を思い出してしまう。あれは痛い。

 

 

あけたね新年

 

遅めのあけましておめでとう。

冬将軍の勢力が拡大したら後退したり忙しい冬が来ている。

何となくぼんやり日々を過ごしてぼんやりとしているけど、やらなければいけない事は日々増えていって部屋も散らかって行く。

今月はそれを整理するのを目標である。

 

 

 

激しくサディスファクション

 

7年間大事にしていた人と離れて久しぶりの1人暮らしが始まった。

12月9日から新居に移り今にいたる。

11月は休みを不動産屋で過ごし、何も食べれなくなり10年ほど前に完治させたと思っていた食の病気をゆるゆると復活させてしまった。

これはゆるゆるとまた治したいと思う。全然ゆるゆるさせている場合では無いけれどもなってしまったものは仕方がないのである。

 

1人になって変わった事は特になくて自分の時間がとにかく増えてやれる事が増えた気がする。とりあえず年内は肉体を補強する事に専念したい。あと数日だけれども。

 

 

 

本当に大事だったものが無くなるのは一瞬である。そうなる数週間前に大事にするまでには大変な時間がかかるが、それを失うのは一瞬であると言う投稿を見たばかりだった。そうなってしまったら嫌だなあと思っていた矢先の出来事で。

心は元気では無いが事を咀嚼して落ち着いているけれど、どうも体はそれを飲み込めなくて胃は痛いし眠れないしとボロボロになりそうである。心と体は別物とはよく言ったものであると感心している。

 

自分の事だけれど、どこか他人事。

 

 

もみじ!

 

夏の終わりを感じる今日この頃。

スズムシが鳴り始めて、秋が来たねえなんて思っていたら次の日にはピーカン照り。地球はどうなってるんですかね。

春と秋がどんどん短くなってあやふやな季節になってませんか?もう少し実感したいですよ。

今年こそは紅葉狩りをしてみたいですよ。

毎年毎年、今年こそは紅葉狩りをと言うセリフを言うのを良い加減やめたいです。

 

今年こそは紅葉狩り出来ることを祈って。